Marcin Sacha, Poland 

マルチン・サーシャ(ポーランド)

写真家

OOze Allianceメンバー

私はポーランドの南にあるクラクフに住んでいます。 写真は2005年に私の情熱となりました。私はネイチャーフォトグラフィーでスタートし、後にランドスケープフォトグラフィー(風景写真)を始めました。 私は最近、写真とグラフィックの境界にある絵にも興味を持つようになりました。 今までの私の業績には、9回の個展やポーランドと海外で40回以上のグループ展があり、Artiste FIAP LaFédérationInternationale de l'Art Photographiqueというタイトルがあります。 私のフォトモンタージュでは、自分で作った紙、粘土、レンガ、陶磁器の形をよく使います。 私はそれらから景色を作り、光で遊ぶことによって、フレームの面内に光と影の構成の特定の気分を盛り込む興味深い抽象画を得ようとします。 私の世界は、人が居住していても、形、影、光が支配しています。 これらの世界は彼らにとって僻遠のものです。

 

Photographer

OOze Alliance Member since 2017

 

I live in Krakow, in the south of Poland. Photography became my passion in 2005. I began with nature photography and later, landscapes. I recently became also interested in pictures on the boundary of photography and graphics. My achievements to date include nine solo exhibitions and over forty collective exhibitions in Poland and abroad, I have a title Artiste FIAP La Fédération Internationale de l'Art Photographique. In my photo montage I often use paper, clay, bricks and ceramic forms prepared by myself. I create from them the scenery and by playing with the light I try to get an interesting abstracts, which imbue a specific mood of composition of light and shadow in the plane of the frame. My worlds even if habited by people are dominated by shapes, shadows and lights. These worlds are alien to them.

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Facebook Clean

© 2019 ILILIS, LLC  All rights reserved.

​ファインアートフォトのリプリントはアイリリーギャラリー