Alexandru Crisan, Romania

アレクサンドル・クリサン(ルーマニア)

建築家、画家、写真家、講師

OOzeアライアンス創立パートナー

ファインアートフォト専門のビジュアルアーティスト。 彼は12歳の時に初めてフィルムカメラを手にし、25年後、いまだに白黒プリントに飽くことがない。正式な教育を受けた建築家であるが、2011年に写真においてもプロとして活動を始めた。以来、彼は折衷的なアートプロジェクトの完成と推進に集中することとなる。 彼の写真のあるいは写真を使った研究では、現実性についての超現実主義的理解のさまざまな段階を強調しながら、非重要性に関するユニークな超現実的なビジョンを掴んでいる。 Alexandru Crisanの作品は世界中のアートギャラリーに展示され、また、国際的なピアレビュー雑誌に掲載されている。 彼はいくつかの国際賞を受賞しており、彼のファインアート写真プリントは主に個人所有のコレクションやギャラリーで所蔵されている。

 

 

Architect, Painter, Photographer, Lecturer.

OOze Alliance Founding Partner

A visual artist specialized in fine art photography. He received his first film camera when he was 12 years old, and, a quarter of a century later, still has a soft spot for the black and white prints. An architect by formal education, his professional career in photography began, in 2011. Since then, he has focused on completing and promoting his eclectic art projects. His research on and within photography grasps a unique surreal vision on immateriality while accentuating different stages of a hyperrealist understanding of reality. Alexandru Crisan's works are present in art galleries around the world and have been published in international peer-reviewed magazines. He has received several international awards and his fine art photography prints are held mostly in privately owned collections and galleries.

Nemesis 4444
Thoughts
Cocoon
Imperfection
Dark dreams
Hanged dreams
Carceri3
Demoniaque god of ashur
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Facebook Clean
  • ホワイトTwitterのアイコン

© 2020 ILILIS, LLC  All rights reserved.

​ファインアートフォトのリプリントはアイリリーギャラリー